Welcome!

生命現象の分子論的理解に向けて

細胞内のイベントは、タンパク質を中心として構成される様々な分子複合体の働きによって営まれています。当研究室では、自然免疫機構の仕組みや、ホルモンなどの生理活性物質が生体に作用する仕組みを分子レベルから解明することを目指して研究を進めています。

私達の主な研究手法の1つは、タンパク質の立体構造やダイナミクスを原子レベルで解析することです (構造生物学) 。これと生化学実験や培養細胞を使った実験を組合わせ、そのタンパク質の生物学的機能を理解します。

生物系、化学系の学生さんの参画を歓迎します。興味のある方は、杤尾まで連絡してください。

  E-mail: tochio(at)mb.biophys.kyoto-u.ac.jp